FC2ブログ







奇特な方

仕事を1時間早く切り上げ Y ちゃんと社長のお見舞いに

行ってきました。腰の骨を一部切り取り良性腫瘍を切り取ってから

もう一度腰の骨を入れる・・・という手術。

取り去ってすぐ腰の痛みがなくなったそうです。健康的な

病院食で5キロは痩せたのでは?顔が一回り小さくなってました。

社長は彫が深く目もパッチリしてもとはいい男。なのでカッコよくなってました。

帰りの車の中で、なかなか会社では話せないことを

話せて良かったけれど、ちょいと、運転が荒いよ、Y ちゃん。

て、私も人のことは言えん。前バイクで通勤途中に

車の窓を開けてオジサンが何か言っとる。あら? やっぱり

 もこはいい女 ?と思ったら

「 ちょっと、あんた、そんな運転しとったら、そのうち事故るよ。 」

・・・。大変奇特な方でした。

皆さん、運転は慎重に。一瞬の気の緩みや横着が事故のもとです。


本日もお付き合いくださって有難うございました。

所要あって2、3日お休みします。

月曜日は「戦争をさせない1000人委員会東海ブロック」の

集会とデモに行ってみようかな?と思ってます。

次の一歩で新たな世界へ行けるか・・・。








スポンサーサイト



[ 2014/10/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

むの たけじ

先日姉が貸してくれた本。 むの たけじ の詩集 「 たいまつ 」

ぐさっとくるかずかずの言葉。

生きる目当てを自覚するのに早すぎるという年齢はない。子どもがそれを
自覚するように手助けしない親は、子どもの手足をもぎとっているようなものだ。
多くの親は我が子を愛育しているつもりで、愛玩している。

やらねばならないことだとわかっていて、だれかがやるだろうと
待っているのは二重の悪意です。

そこがこんなにも暗いのは、ほら、壁のむこう側に
それだけ明るいひざしがあるからではないの。
どうして壁の裏側にうずくまっているの。

さびしいときにそのひとを思えば慰められる、そんな友はほしくない。
怠けるときにその人を思えば鞭打たれる、そんな友がほしい。
友のために、わたしもそういうものでありたい。

う~ん、真逆を生きてる もこ 。
[ 2014/10/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)