2015 051234567891011121314151617181920212223242526272829302015 07






よいしょっと

切れ者 I さんの PC を会計の入力で 

奥さんが使うので

午前中  I さん、 PCなしの仕事を。

開札、資格申請の書類などで役所のホームページから

ダウンロード。


内容で色々解らないことがあるので ワタクシの机にきてもらい

PCを見てもらう。

私のいすに座ろうとして

「 よいしょっと。 」

でました、口ぐせ。

けっこう大きい声で。奥さん思わず笑いましたが

I さん、自分がよいしょっと と言ったことすら 全然きづいてない。

書類を右から左へよいしょっと。

ドアを開けてよいしょっと。

コピーとるのによいしょっと。

パーティションがあって向こうから見えないので

男の方が、 「 なんか大変なことやってんの? 」

「 手伝おうか? 」

いいえ、大丈夫です・・・。




[ 2015/06/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

推理 当たる

今夜からここは備忘録。
請求書の作り直し
落札後の
入札資格申請の書類をボスに持っていってもらい
契約書を持って帰ってもらい。
前払い保証をネットで申込み。
着手届の準備。

一昨日、朝6時に面接予定 だった人が
自転車がこわれたとのことで10時にきたらしい。
今時、免許もってないのときくと
免停になってるのにバイクを運転して
免許取り消しなんだとか。
そして今朝、前務めた所で再度
働くので今回の事は水に流してほしい
と電話してきたと I さんが。
それを聞いて思わず言っちゃいましたよ
たとえそうであってもそれは言わんでしょう、
こっちはお前をトイレの水に流してやるよ。
奥さん思わず笑ってました。

夜食事を作っていると固定電話が鳴りました。
「 すみません、あれは私が犯人です。」
昨日、私が作っている美術協会のホ
ームページが私が手を付けるまえの5年前の
内容になってましてビックリ。
探偵 もこ には 容疑者のめどはたってましたが。
犯人 H さんの誤りのお電話でした。
[ 2015/06/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

新たな一歩を


思うところありまして、ブログを当分お休みいたします。


 
本日マリヤンさんにお会いしたので

ブログの閉じ方を聞いたのですが(閉じ方ってあるのか?)

そんな、もったいないよ、しばらく休むか、

月に一回でもいいから続けたら?


そう言ってくれたんですが。

そうだよね、寂しくてまた再開したくなるかも

知れないし・・・。



ということで、まだ定まりません、でも一度 離れてみようと思います。

今までコメントくださった方、遊びに来て下さった方、

本当に有難うございました。

皆様のところへはおじゃましに行きたいと思います。




 「ゲシュタルト療法の詩」

私は 私のために生き

あなたは あなたのために生きる。

私はあなたの期待に応えて

行動するためにこの世に在るのではない。

そしてあなたも、私の期待に応えて

行動するためにこの世にあるのではない。

もしも縁があって、私たちが出会えたのなら

それは素晴らしいこと。

出会えなくても、それもまた

素晴らしいこと。






[ 2015/06/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(49)

現実に帰る

先日、開田高原へ美術協会のスケッチ旅行へ行き、こちらの

請求書が届いたので会計の師匠の所へ仕事帰りに伺いました。

実は師匠、旦那さまが昨日、急遽入院され、いろいろと

心労がおありだろうに、快く対応してくださったばかりか

とれたばかりと、じゃがいもまで下さいました。

いつも師匠の姿勢には 勉強させられることばかりです。


北海道があまりに良かったので、現実に戻った今

なんだか遠い昔におきた出来事のようで・・・。

一日近く、 画を描いて過ごせただけでもこんな幸せなことはなかった。

中島公園で声をかけてきたオジサマも、今にして思えば

ワタクシ の魅力にくらくらしただけなのさ。

で、冷静さを欠いたって訳。

菖蒲の花がさわやかな風にゆれる湖面にカルガモの親子が

すいすいと進んで行き、それを幼稚園児のひなちゃん達が

喜んでこっち来て~、こっち向いて~と大騒ぎ。

その子達がまたカルガモと同じく可愛いったら。


この子たちの未来の為に、がんばらんとね。

戦争も核兵器もない世界にせんとね。




[ 2015/06/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

日常へ

切れ者 I さん、こうも忘れ物が多いのはほんとに危ないとこまで

きてんじゃないかと 自ら嘆いた。

Y ちゃん、 私もやばいんですよ、この前ちょっとした

まとまったお金を脇の下に挟んで用事をしてたら

どこへ置いたか 解んなくなって、ほんとに青ざめちゃいました。

家で? 

はい。

あったの?

はい、ありました。

そんならよかったね。

奥さん・・・ お金を脇の下にはさんだの?

はい。

わたし、お金を脇の下にはさんだことなんてないよ。

挟むのは 体温計ぐらいで。


       ・・・・・・最近冴えてる奥さんでした。



北海道の続き。

出発する、3日目の最後の朝6時半ごろに2条市場へ買い物に。

すすきのの早朝はまるまると太ったカラスが飛び交い

ゴミが散らかり、ゴミの取集車が走り、仕事の終った

ホストらしき男性が幾人も店から出てくる。

祭りのあとの侘しさやけだるさや静けさが冷たい空気と混じって

流れてる。

カラスがゴミの収集箱の上にある栄養ドリンクの瓶を

くちばしで押して落として遊んでる。  すすきの の

お腹の満ち足りた カラス。




2条市場で、新鮮なものがいかに大事か熱く語る

お兄さんにうにとかにを試食させてもらうと!  !  !
うには1回しか食べたことがなく生ものが苦手な

わたくし、うえっとなった記憶があったのですが。

なんですか、これは!

うにって、こんなに美味しいもの?

かには冷凍のスカスカのしか食べてないので

!  !  !

これがカニなのか!

ただ懐ぐあいと相談した結果・・・。

奥さんは大人買いしてらっしゃいました。

ワタシのような人間ばかりだと社会がうまく回っていきませんので

奥さんに感謝。


空港へ行くまでの間は小樽へ。

ランプが観たくてたまたま一緒になった

北海道出身のKさんに案内人になってもらい I さんと3人で

あちこち店を歩き回り、やはりすんでのところで

衝動買いに走るところを抑え。

もう時間がない、お昼にここへはいりましょうと

バスの駐車場に近い 「 みそら 」 というラーメン屋さんに。

塩ラーメンを頼み、これは集合時間に間に合うのか、

ラーメンてこんなに時間がかかるのかとやきもきして

やっとでてきたラーメン。

ラードを使ってないんでしょう、魚介系でとったと思われる

さっぱりしたスープの美味しい事。 

たまにしかラーメンは食べないしスープはあらかた残す私ですが

思わず全部のんじゃいました。

は~、美味しかった。 ラーメンて、美味しいんだね。

バスに乗ってから、スマホを忘れたことに気づき、

まだ来てない人もいるし、時間はあるよと言われ

走った走った、中国から来たと思われる観光客の

間をごめんよごめんよと突き飛ばしそうな勢いで。

ほんとに突き飛ばすと 日本を戦争へ突き進ませようとする

安倍首相に加担してしまうのであくまでごめんよごめんよと。

ありましたよ、スマホ。 お店の方、ご迷惑をおかけしました。



飛行機のなかで、あっという間に終わってしまった

北海道の旅の余韻をたのしむ風情のないワタクシ、爆睡しました。

長いしょーもない文章にお付き合い頂き、

有難うございます。




[ 2015/06/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

日常に戻る

現実に引き戻され 本日 1件、落札。

積算の担当 Sさん、「 え~っ、落ちたのかや~。うわ~。 」

何故に落札して困るのに入札する?

ワタクシには到底わからない深い深い この業界ならではの

理由があるのでしょうね・・・。 例の如く、書類作りの渦に巻き込まれたワタクシ。

さて、お待たせしました、北海道の続きです。( 誰も待ってない

昨日はいろいろと前後しておりまして。

泊まったホテルはすすきののど真ん中。

妖しい雰囲気が昼間から漂っているすすきの。

全員、近くの居酒屋さんで食事をし

T さんが奥さんになられた方と旅行に来られたので

皆でお祝い。二人を見てるだけでほんわかした雰囲気になれる

不思議なご夫婦。でも全員それを感じててみんな

あったかい目で見てる。   そしてひとしきりアルコールの海で泳いでから

店を出て歩いていたら

ドアが開け放たれた暗い店内の入口にお尻がほとんど見えてる

バニーガールが おいでおいでしてる。

誰も入ってはいかない。「 もこ さん、あの恰好して

年寄りむけの店を開いたらどうだ 」 

「 うん、やってもいいけど、 来店したヒト、悪夢にうなされるかも。 」

そして男の人たちは夜の闇に消えていった。

2日目、他の人達をのせたバスを手を振ってホテルの前で

お見送りしてから、スケッチブックの入った袋と折り畳み式のイスを

肩にかけ背中にはバッグ。これは事務局長が母の日に買ってくれた

優れもので小さいのにパレット3枚、筆、鉛筆、カッター( 空港で没収されたので

札幌のラフィラというところで新たに買った)水を入れたペットボトル

雑巾3枚、ティッシュ、財布、スマホ、他色々入る入る。

横長のランドセル風なので、体にぴったりついて腰が痛くならない。


b__.jpg


中島公園で描いてる途中で保育園児の集団に声をかけられ、先生にせかされて

去っていきながら男の子が 「 あの画 、欲しいな~。 」

可愛くて、嬉しかったよ。 ( キミだけだよ、そんなこと言ってくれるのは )

ウォーキングしてるヒトやら杖をついて歩いてるヒトやら次々と

描いてる途中で声をかけられ、ほっといてとも言えず・・・。

極めつけは同年代のオジサマ。

「 ふ~ん、 ここを描いてるの、なるほどね~。 」

なにがなるほどだ?

「 いい絵具を持ってるね~。」
 
画に対して不釣り合いだってか?

「 ぼくら3人で描いてるけど、一人で描くなんて寂しいね~。 」

烏合の衆よりましさ。

「 何時ごろからかいてんの? 」

go away !

なんかいやみな言い方なので気分が悪くなって

次の予定の清華園へ。札幌市内は碁盤の目になってて

流石の方向音痴の私にもわかりやすい。

北大の中の学食でお昼にしたかったけどどうにも

この格好で勇気がでず、お昼ぬきとして清華園へ。

時間切れになり少しだけ中を見ようと入ってみたらほんとに親切に

案内してくださった。 有難うございました。

      明日へ続く。

[ 2015/06/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

溺れる

北海道大学のそばの「 清華亭 」 へ行くべく、地下鉄南北線に乗り

北12条でおりました。出口へ向かって歩いてると

同年代と思しきワタクシに負けず劣らず 品のいい

ご婦人から声をかけられまして。

「 あのー、北大通りはここを出ればいけますか? 」

「 すみません、愛知県から来たもので、

知らないんですよ。どちらからいらっしゃいました? 」

「 え、私、札幌の者なんです、お恥ずかしい。

逆ですよね。 」


この方と分かれた後、北大の塀の傍を歩いて、こりゃ埒があかん

誰かに聞こうと思いましたが、学生さんばかり、

なんとなく聞きづらい。

構内から 二人の職員と思しき男性がでてこられたので

聞きましたら。

「 清華亭? いやあ、知りませんね。 」

ネットで出していた写真と地図を見てもらい

場所を教えて頂きました。

こんな素敵なところなのになぜに札幌市民が知らない?

iriguti__.jpg


okuhe__.jpg


seikatei___201506211834040a8.jpg

mado__.jpg


木製の二重窓、凝ったつくりのカーテンレール  

niwa__.jpg


素晴らしいシャンデリア

syannderia__.jpg


seikateienngawa__.jpg


このランプ、管理してる方々の

生活感ある休憩所にある。もったいないほ どの明かりの下

ですごしておられる。


rannpu__.jpg

若山牧水の歌碑のある庭の部分、昔は広大な庭だったとか。

niwano__.jpg

入場料無料で、なんだか申し訳ないような。

初めの予定を変えて中島公園で描き始めたため、じかんが足りなくなり

清華亭は鉛筆の下書きも半分ほどしか描けなかった。

中島公園は 素敵なところで時間をとってかいたのに

まあ哀しいほどの出来で。 自分がそこそこ描けるように

なったと思っていたのはとんでもない勘違いだったのだと

解っただけでも今回の収穫ありました。

ここに載せるのは恥ずかしくてとてもできません。
kura-ku__.jpg


でもクラーク先生はおっしゃった、「 中年 よ、大志をいだけ。 」

バスガイドのさとみちゃんが、クラーク先生、クラーク先生と

言うのを聞いて、やはり地元では特に尊敬されてるんだなと

実感しました。偉大な方だったんですね。


bi-ru __
nanamekara__.jpg
bi-ru __
bi-ruennnaibu__.jpg


札幌ビール園にてビールの海オホーツク海に溺れる(株)〇○○○のめんめん。

そして夜は居酒屋で地球上のアルコールの海という海にもまれる(株)〇〇○○のめんめん。

                              ・・・次回へ続く。
[ 2015/06/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

北海道へ

明日から北海道。  朝6時出発。

その為、仕事の前倒し&期日通りの仕事目白押し。

久々の残業。

部屋割りで、奥さん、いつもは同室でボスの

お世話しないといけないのが今回は

独りとわかり、いつになくテンションがあがり

ジョークがでるわでるわ、座布団何枚あげたことやら。

う~ん、お正月はお客の接待、普段も

ボスがお客様を突然自宅に連れてこられたりで

愚痴などは言われないけれど大変だろ~な~。

やはり社長の奥様は、並大抵では務まりませんね。

泊まるのはルートイン札幌中央で2日目の

自由行動は清華亭へ行ってみて物足りなかったら北大へ

イメージが違ったら中島公園へ。


上手く描けましたら、また見て頂きます。

いつも遊びにきてくださって有難うございます。

3日間お休みします。



[ 2015/06/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

同窓会

高校の同窓会のお誘いの返事の葉書を出す期限が

迫ってます。

迷いましたがやはり欠席にしました。

なにがって。  人生で一番怠惰にすごした3年間。

そしてそれを自分で気付いてなかった3年間。

恥かしい自分を忘れるついでに、わずか数人を覗いて、

高校時代同じ空気を吸ったであろう人達も記憶から消し去ってしまいました。

まあ、私の事を覚えてる人も少ないだろうけど。



小、中と 姉と兄に比較され、高校は大丈夫だろうと

入ったとたん、教師がにやにや笑いながら(そう思えた)

 「 お前は〇○と〇○の妹なんだな。 」

笑いながらの理由は、おそらくワタクシがぎりぎりで合格しただろうから。

身を粉にして働く父母に対して少しでも感謝の気持ちがあれば

こんちくしょうと、努力すればよかったのに

それもせずにすねていやいや通った高校。

なんでああもすねてひねくれてたのか。



三人キョウダイの中で母は特に、教師になった姉が自慢だった。

大人になって帰郷して久しぶりに母と行ってみた地元のお祭りで

母も知ってる同級生にあった。

そのこが 「 おう、〇○ちゃん、ひさしぶりだな~。

〇○子ちゃん(姉)と歳がはなれてるから、やっぱり若いな~。」

そうしたら母が 「 そうか? 〇○子のほうが、わこう(若く)見えようが。 」

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 声をかけてくれた彼と思わず顔を見合わせ、

彼は無言で立ち去った。

あれはちょっと悲しかったな。 今でも覚えてるくらいだからな。

何が何でも高校を卒業したら遠くへ行きたくて

広島の大学を見事にすべって、名古屋の某三流大学に入学。

罰当たりな娘でしたよ、ほんとに。

あほは あほなりに なんとかこれからの人生、人様の役に立たんとね

と、しみじみ思うきょうこのごろです。




[ 2015/06/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

カメラマン デビュー

開田高原に行ってきました。

なかなか集合時間に来ない方

尾崎お姉さんの教室の K さん。自由人の中の自由人。

集金が終わり、バスの席に座り、計算をして

ひと段落したと思ったら。

H さん、「 なんか忘れたとおもったら、カメラ忘れた。 」

Hさんはいつもホームページ用に写真をとってメールしてくれる方。

ワタクシが急遽、スマホでスケッチの様子を撮ることに。

途中の道の駅 でひさびさに尾崎先生姉と弟

揃ったところを見て、 ワタクシ、

「 なんかお二人似てないから、兄妹って

実感がわかないんですよね。 」

というと、 K さんが、

「 そんなことはないよ。ふたりして不思議な雰囲気をかもしだしてる。 」

「 え、K さんにそんなことを言われるなんて

納得いかん。 」


自分の画を急いで20分で描いて、皆さんの様子を

カメラで写しに。

そのKさん、さあもう帰る時間と、みんなバスに乗りこんで、

「 あれ、Kさんおらんよ。 」

「 いやさっき、もう行く時間だよと声かけたよ。 」

「 まさかまだ描いとるんじゃないだろね。」

 「 あっ、あんなとこで、まだ描いとる! 」

「 ちょっと、携帯で知らせて。」

「 いかん、留守電にしとる。 」


無事 K さんを載せて出たバスは道の駅で数回とまり

嫌がるみなさんに描いたものを写真でとらせてもらいながら

豊明に着きました

往復6時間、描いた時間は20分。

本日はカメラマンに徹しました



kaida _
[ 2015/06/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)