2015 101234567891011121314151617181920212223242526272829302015 12






日々の訪問有難うございます

久しぶりにアホ友の K さんとお茶をして我が家に帰ったら

友人の N さんが亡くなった知らせがはいっていた。

二十代からの友人・・・というより

お互い同じ時代を戦った 「 同志 」 。

がんを宣告されてからの彼は立派だった。

残された奥様が経済的に困らないようきちんと

してある。

たまちゃん(姑)を失い母を失い

そして N くん。



本日美協展の最終日で搬出の日でもあったので

会計の用を済ませてから家に帰りましたが。

何も手につかない。

2.3日お休みします。

皆さん、身近な方がたに お礼の気持ちや

励ましや気になったことがあればすぐ伝えてください。

               悔いることのないよう・・・。







[ 2015/11/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(11)

美容によくない

徹夜の連続。

HP 用に送られてきた写真130枚を一枚一枚トリミング。

次の日、額はトリミングから外してと言われ

今夜も地味な作業を続けております・・・。

本日朝から美協展 の受付の当番で

午後から京都から講師とモデルがこられての

講座 「 骨と筋肉 」 を受けに電車で急ぎ向かい、

お昼抜きでしたが充実した午後でした。

まだトリミングの作業は続いています。

詳しくはまた明日・・・。



[ 2015/11/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

黒子

_ba_.jpg

本日から美術協会展。

年会費、出品料、 懇親会(パーティー)参加費の表を作って。、集金用に

両替をして、パーティー用に姉の家からもらってきた食器を景品用に

ラッピングし、コップと紙皿と箸を買い

23日から29日までの会場の当番用にお茶を買い

搬入の30分前に文化会館へ。

割り当てられていたくじを引いた方にあたるともらえる色紙を

まだ描けてなかったのでパスさせてもらおうかと思ったら

夕方の懇親会までに描いてらっしゃいと言われまして。

搬入や展示をして1時頃家に帰ってから

1時間もかかって描きましたが。

なんとか間に合い夕方また文化会館へ。

他の方達が机をだしたり食事を並べたりしている間に

お寿司やサンドイッチの立て替えをお支払し

参加費を集金し・・。

市長ほかたくさんの方達と一緒に楽しい

時間が過ぎました。

今日は長いようなあっと言うまに終ったような。

たくさんの出会いと笑顔に感謝。

会計はあくまで黒子ですがリーダーになれるような

性格ではないのでこの役割のほうがしっくりきます。

ただお金を扱うのが向いてないのでそれが苦痛ですが(^_^;)。



こうやって幸せな時間をすごせる事に感謝。

世界に平和をもたらせられるように

少しでも人の役にたてるように。

なぜかひさびさに真摯な気持ちになれた夜でした・・・。



[ 2015/11/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

試される人類

毎日のように痛ましい殺戮が行われています。


銃撃に怯えることもなく買い物に行け

びくびくしないで仕事に行け

貧相ではあっても雨露しのげる場所に住み

病があっても生活に支障はない程度のもの。

こんな毎日が過ごせる私が

テロについて語る資格はあるのか?

自分の身の安全は確保できていて

テロは云々と言えるのか?


恵まれているからこそ言ったほうがいいと思います。

日本で生活しているということは自覚するしないにかかわらず

多くの国の多くの虐げられた弱者の犠牲の上に

成り立っていると思うのです。

だからこそ意思表示をししたほうがいいと思うのです。

 
どんな高尚な思想であろうと

殺人の上になりたつものなどありはしない。

武器を持たない一般人を殺すなど人のやることではない。

ではテロを討伐するという空爆は?

そこに一般人はいないのか?

そもそも長い長い歴史のなかで侵略と殺戮と搾取をしてきたのは

今現在高いレベルの文化生活を享受している 「 欧米人 」 ではないのか?

今までシリアでイラクでそのほかの国でどれだけのヒトが

テロで亡くなられたのか?

その報道がこれほど取り上げられたことはあったか?


 「死」 さえも不平等なこの現実。


フランス人であろうと イラク人であろうと中国人であろうと

亡くなられた方達の死を同じ様に悼むのが

ヒトとして望まれることではないのか?

テロを非道な行為というアメリカ、この国がわずか数十年前に

日本に対しておこなった原爆を投下するという行為は

なんだったのか?

もちろん日本の侵略や虐殺も同様です。


ちいさな社会のなかでさえ、家庭の中でさえ思いやりを持てない

ようではどうしようもない。

相手を知り、尊重できないようではどうしようもない。

少しでも自分が優位に立とうとするようではどうしようもない。

他者は苦しみにあえいでいても自分さえ楽しい生活が

できればいいのではどうしようもない。

これなら「 動物 」 のほうがましだ。


今こそ人類としてまともな知能があるのか試される時。

宗教や人種や肌の色や収入や学歴でひとを

判断する愚かな行為を見直すべき。

富の分配を目指すべき。

理想論? 

いいえ人類の一人であるなら人類としての証拠を残すべき。

いまこそ平和を求めて団結するときです




[ 2015/11/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)

愚痴です

テロのことはまた後日書きます。

 これから書くことは 本日 ワタクシが 会社で嫌な思いをしたことで

かつしょーもないことなので元気でない方は読まないでください・・・。




初めはきのせいかと思っていたけれど

S さんはワタクシにいい感情を持っていないようで

まあそんなことは誰にだってあることですけど。

コンビニから帰ってきたS さん。

「 I さん、 コンビニ行ってきたけどなんかほしいもんなかった? 」

「 甘い物ほしかったな~。 」

「 だから、欲しい物あったら言ってよって言ったよね。 アイスあるけど、半分食べる? 」

「 欲しいな~。」 「 ほんじゃしょうがない、半分こしようか。 」


アイスを受け取ってから、 I さん、私に悪いと思ったみたいで

「 もこ さんにもあげていい? 」

ワタクシ、慌てて 「  私はいらないから気にしないで。」

I さん、 「 もこ さんと二人で食べると S さんの分なくなっちゃうしね。 」

これは I さん、全然悪気なく言ってることです。

S さんがワタクシに嫌がらせしてることに I さん気づいてないし

奥さんも Y ちゃんもいないときにこういうことをしてくることにも

気付いてない。 初めはワタクシの被害妄想だと思っていたけど

段々確信をもつようになってきた。

まあ、小っちゃい奴だと思えばいいことだけど

やっぱりいい気はしない。


こういう時、こうやって吐き出せる場所があることは救いです。

いつもはしないけど今日は帰ってすぐパソコン開いて

 
 「 えっ!?、王様の耳はロバの耳なんですけど!? 」 の

ふららさんが訪問してくれてることに気付き

ふららさんとこにおじゃますると ♪You Raise Me Up


   という曲の歌詞の訳と歌がUPされてた。

聴いてるうちに不覚にも涙がでてきた。

こんなことで泣くようなワタクシじゃなかったんだけど。

でも音楽の力ってすごい。

だいぶ心が落ち着いた。

ふららさん、有難う。

最近不定期な更新しかしないつまらん内容の

ワタクシの所へ訪問してくださる皆さん、ありがとう。

ショーもない内容ですみませんでした。







[ 2015/11/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

台無し

テロについて

思いっきり書いたのに

 わが 愛猫  がトコトコ キーボードの上を歩いて

全て消えてしまった・・・。

もう同じことを書く気力がない。 

また明日 にします。

いつも 来て下さってる皆さま、申し訳ないです。

[ 2015/11/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

仏教界の未来

12月の忘年会。 このシーズンがやってきた。

案内状を作り名簿を作りFAXをし返信をチェックし・・・。

ボス に現状報告をすると名簿の追加があり。

ワタクシの本来の仕事が全然進まん。

ワタクシはというと喪中のため欠席するというのに

皆さんに説明したり出てね出てねと声をかけたり。


ところで岡山の続き。

泊まった夜、姉とひさびさにゆっくり話せると楽しみにしていた

というのに、姉のところの3匹の猫のうちいつも寝場所のない

「 あみちゃん 」 のため 布団に連れていって

おばちゃんと寝ようね 。 と布団にはいったら不覚にも

自分が先に寝てしまいました。

宴会の後ワタクシが寝てから姉は

頂いたあじで南蛮漬けをつくりかぼちゃの煮物を作り

翌朝のメニューに加えられてました。

いつも泊めて頂いたら、朝、寺の庭の掃除と草取りを

していたのに今回は寝坊。う~ん、これも歳のせいか?

雨に濡れてつややかに光る緑の苔に黄色く色づいた銀杏の葉が

遊びに来たかのように散っている。

10時から檀家の人がきて法要が始まるので掃き掃除だけは

したかったのに間に合わなかった。

10時過ぎに津山駅に着く叔父夫婦をわが副会長と

甥っ子の二人で車で迎えに。

何をしたという訳でもないのにあっという間に時が経ち

檀家の方の法要が終ったけれど、なかなか帰ろうとされない。

皆いろいろと手に持ってお参りする部屋に行こうと

立ったまま待ってるけど、義兄である住職に話し込んで

ちっとも終らない。帰ってくださいとも言えんし。

予定の時間よりだいぶ遅れてお参りが始まりました。

住職は他の家にお参りに行かれ間に合わないことが

解ったのでサブお坊さまの甥っ子がお経をあげて

くれましたが、ここだけの話、甥っ子のほうが

規則正しい生活をし(貧乏寺なので正規の職を持って働いてます)

体も鍛えてるので声もとおりお経が上手(こういう言い方が正しいのか?)。

義兄は朝の連ドラは見るわ酒は飲むわ

庭の掃除はせんわ、食べ物にこだわるわ、おもいっきり俗っぽい。

これでは日本の仏教界の未来は暗い。

いやいやワタクシが心配することではないんですけど。

お前の頭の上のハエを追えと言われかねんね。

おおらかな住職なのでワタクシも気楽に泊めて

頂けるので仏教界の心配しとってはいかんね。


この続きは・・・ そろそろやめときます。





[ 2015/11/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

潔い姉

京都を後にして岡山へ。

姉の嫁ぎ先のお寺で四十九日を執り行ったので

お寺に泊めてもらい、義兄は手打ちうどんを作って

いてくれ、お寺の庭の片隅でとれたなめこと

お寺の裏の敷地の畑でとれた春菊で

鍋をしてくれました。

ワタクシ、なめこは苦手だったのですが

このなめこの大きい事、しいたけほどの大きさ。

義兄と二人でなめこを植え付けてある木から

きりとりましたがこりこりとして美味しい事。

そして春菊は茎などほとんどない状態で

若いほうれん草のようでこれまた衝撃の味。

締めのうどんもおいしい。

お義兄さん、ありがとうございました。

翌日兄夫婦、叔父夫婦、従妹とお寺へ来ましたが

三人ともお土産にと野菜やら干物やら柿やらお米やら

たくさん持って来てくれました。   感謝。

義兄と、二男のサブお坊様になった甥っ子とで

お経をあげてくれその後にぎやかに会食。

お弁当を頼んでくれたのですがこれも美味しい。

食べ物のことばかりでまるで円谷幸吉さんのようだけれど

用意してくれるもの全てに心がこもっていて

この2日間で1Kは太ったんじゃないかと。

私達の法要の前にこのお寺の檀家の方の

法要があったのでせめてお手伝いしないとと

せっせせっせと何十個もの湯呑を洗いましたが

いつも姉は大変です。

お寺の仕事以外に戦争に反対し自衛隊の人を

戦争に送り出したくないと道端に立ち

戦争反対ののぼりを持ち通行する人達にアピール。

自然の美しいこんな田舎での行動はどれだけ勇気がいることか。

甥っ子が檀家さんのところにお参りにいって

帰ってくると「 お母さんの悪口を檀家のひとが言うとる 」

「 悪口で済むんならなんぼでも言うてくれんさりゃあええ。

日本を戦争にだけは加担させとうねえけえ、

その一点でこねえなことをしようんじゃけえ、

悪口ならいうてくれんさい。 そう檀家の人に

言うときんちゃい。 」

姉のこの潔さに感服。 それに比べワタクシのこの中途半端さは。



ちょっと睡魔に襲われています、続きはまた明日。



[ 2015/11/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

今まで観ていたのは・・・。

7日、朝早く家を出て岡山へ向かう途中

で京都に立ち寄り

京都市美術館の「 フェルメールとレンブラント 」を観ました。

なかなか京都まではいけないので

岡山へ帰る途中に行こうと前から楽しみにしてました。




_kyou_.jpg


京都市美術館の前の京都図書館。

雰囲気のある図書館で行ってみたかったけれど

時間がなく美術館へ。
kyou__.jpg


名古屋弁普及委員会の副会長を連れて行きました。

彼は初めいやがっていましたが、いったん画の前に立つと

魂を奪われ、2時間以上見続けておりました。

思った以上によかったでしょ。 というと

「1日でも観ていたかった。 会長、自分が今まで観てきたのは

画じゃなかったということが よくわかりました。 」

   ・・・それって、ワタクシの 画 のこと?






[ 2015/11/09 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

天下のまわりもの

7日と8日は母の四十九日で岡山へ帰っていました。

豊明についたのは8日の10時過ぎ。


「 金は天下の回りもの 」っていうけど

目の前を超高速で通り過ぎていくだけで

とどまったためしがない。

ど~なってんでしょ。

帰りがけの渋滞のなか、宝塚あたりで

宝くじが当たったら、えっと、心優しい

叔父夫婦に渡して、 あそこに寄付して

あの甥っ子たちに渡してまあ子供にも渡して 

ほんで残ったら愛車ミラジーノの 塗装を

やり直して・・・と妄想に走った ワタクシでした。

2日間の出来事はまた後日お話いたします。


    
[ 2015/11/08 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)