2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08






助っ人





昨日の夕方。

理事長あてに責任者からのライン。

明日から新一年生がはいるのに(10人増える)
スタッフの一人は熱が出て
もう一人は都合で来られなくなった。
だれか頼める人を探してもらえないか・・・という内容。


大変。
30人近くを4人でみる予定で、それでも
手が足りないのに

たったの2人。


こうなったらあの人に頼み込むしかない。
同じ町内の友達が昔教員をしていて
旦那さんは現職の教員。
夕方6時過ぎているというのに家まで行って
突然でしかも厚かましい話ですがなんとか応援お願いできないかと
頼み込んだ。
春休みにはいったので午後からならというお返事を頂き、
ほっと胸をなでおろし、早速責任者へ電話。

案の定理事長からのラインの返信はないので
午後からの応援は一人確保できました、
他に頼めるひとはいないかあたっていますとラインした。
後から頼んだ人は案の定、急すぎてダメだった。

そして今日。

けがする子は何人もでるわ、喧嘩は始まるわ、遊んでほしい子がせっつくわで
目の回るような忙しさ。
朝の学習の時間、こんなにも差があるかと驚くほど
すでに2年生の勉強までやりかけている新入生もいるかと思えば
鉛筆の持ち方がおかしくてひとつのひらがなを書くのに1分はかかる子もいる。
鉛筆の持ち方を教えて、まず〇を書く練習をした。

一番高学年の本来なら下級生を引っ張ってほしい子が
一番手が焼ける子で危険なところへ連れていくわ、おもちゃを投げつけるわ
エロい歌を教えるわ・・・。

可愛かったのは
ケガをした新入生の女の子の足の泥をまず落とすために
水道の蛇口のある場所へお姫様だっこして行ったら、
見ていた2年生になった男の子が

「  先生、おらもケガしたら、それ、やってくれる? 」


同じ町内の教員の○○さん、さすがプロで落ち着いた対応を
してくださり本当に助けられた。
責任者が次も頼めないかと
切り出そうとしたら
僕もなかなか忙しいんですと牽制されてしまった。

帰られた後でお礼を言ったら
元気のいい子ばかりで少し疲れました、
いい勉強になりましたとのこと。

やっぱり次は頼めそうにないなぁ・・・。




[ 2018/04/03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moco1717.blog.fc2.com/tb.php/737-16887c6c