2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






距離が縮まった?







初めは学童で、子どもたちがスタッフを

○○ピーとか○○子とか呼んでいるのに非常に違和感をおぼえたのですが。

なので子供たちが もこ 先生とよんでくれるのが

資格も教養もないワタクシですが嬉しかったのです。


しかし本日。  一人の子供がワタクシを遠くからよびました。


「  もこ! 」    


        ・・・・・。

これって、子供がワタクシに慣れてきたということで

喜ぶべきなのか?

            ひじょう~に複雑な気持ち。






[ 2017/09/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ひとになる前は







先日、碧南美術館 「 リアルのゆくえ 」 を見てきました。

高橋由一 ・ 五姓田義松 ・ 岸田劉生 ・ 磯江 毅 ・ 水野 暁 他の方々、素晴らしい作品ばかりでした。

ワタクシが一番印象にのこったのは 水野 暁 の山の画。

「 The Volcano-大地と距離について/浅間山 」。

衝撃でした。

不思議なことに正面からみても山としても立体的ですが 左右 斜め横から

見ても山として盛り上がってみえるのです。 

絵具は盛り上げて描く手法ではないのに。

現地で3年かけて描かれたそうです。

は~~、 もうこんな画を前にするとワタクシなんてここで画を載せるのなんて

今話題の、トヨタさんなら罵倒して「 恥を知れー、このクソババア 」と言われても

しようがないところですかね。


 
仕事ですが。

発達障害の施設の続き隣が学童保育なのですが、最初に面接した時、

学童は大変なので もこ さんには厳しいと思われるので

発達障害児支援のほうでお願いします・・・と、言ったはずなのですが。

9月から学童保育に移りました。


病院に行って診察してもらったほうがいいんでは?と思われるような

児童が少なからずいて、一日振り回されっぱなしであります。

先日眼底出血しまして、赤い目で子供を迎えると

「 !  もこ 先生、目が赤いよ、どうしたの! 」

「 ・・・ 内緒だよ。 先生、 人間に生まれ変わる前は、ウサギだったんだ。 」


「 えっ! そうなの、 みんな、聞いて聞いて、 もこ 先生、 前はウサギだったんだって! 」




  ・・・ そうか、この子が まだ小一 だってこと、忘れてた・・・。








[ 2017/09/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)

着地点はどこ





IMG_20170903_225554.jpg

このデッサンをもとに・・・




IMG_20170910_220141.jpg



主にローアンバーで色をつけ、この後彩色していきます。

椅子やら頭の大きさやらバランスがおかしいのでもう一枚別のを

用意して修正します。

    とにかく画を初めてから何もかも初めてのことばかりなので

自分にどんな描き方が向いているのか、何をしたいのかまだつかめず、

五里霧中とはこのことです。



まだ生きてます。







[ 2017/09/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

お弁当をシェアしました。




先日のこと。



お昼休みに 子どもたちにちょっと遅れてお弁当を広げて

食べていると・・・。

とっくに食べ終わった この日から通い始めた Aちゃんが

ピタッと隣に座ってワタクシの横顔を穴が開くほど見つめて、

   「 おいしい? 」

「 おいしいよ。 」

  二口、三口食べるとまた

   「 おいしい? 」

「 おいしいよ。 」

    「 おいしい? 」

「 おいしいよ。 」

   「 おいしい? 」

「  ・・・・・・ 。 」



ほかの子が近くにいないのを確かめて、

「 Aちゃん、 もこ先生の食べ残しでよかったら、このおかず、食べる? 」

「 うん、食べる! 」


   嬉しそうに食べるAちゃんの横顔を見て、幸せな気持ちになれたワタクシでした。





本日は3冊発達障害に関連する本を読みましたが頭がクラクラしてきました。

 ほんとに、こんなど素人のワタクシが携わっていいのだろうか・・・。

悩ましい夏の終わりを迎えようとしています。









[ 2017/08/28 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

ホントは何歳?







漢字のワークシートを A君に教えていました。

ワタクシは彼の左横に立っていたのですが。

ワタクシの二の腕が彼の目の端に入ったようで。

振り向いていきなりワタクシの腕をつかみ。

「 ふにゃふにゃ。 」 とのたまったのです。

動揺したワタクシに間髪をいれず 「 ぼく、2歳(本当は8歳)、先生は何歳? 」 と。

何歳だと思う? と聞いたら、 「 8歳? 」

思わず彼を抱きしめましたね。


発達障害児童デイサービス等放課後支援の

試行錯誤の日々が今後も続いていきます・・・。










[ 2017/08/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)